流れについて

刑事裁判の流れは、刑法に該当する犯罪を犯した場合に警察から取り調べを受け、警察から検察庁へ送検され、検察庁で起訴するかの判断をして、起訴することになれば刑事裁判が行われます。
 

刑事事件で犯人として現行犯逮捕された場合などは、犯人は身柄拘束されることから刑事訴訟法に従って身柄が検察庁まで送検されることになります。
 

警察は、犯人を逮捕した場合は、原則48時間以内に犯人を検察庁へ送検しなければならず、警察は48時間以内に犯人が犯罪行為を行った資料などを作成しなければなりません。
 

そして、48時間までに犯人の身柄と逮捕した理由等が書かれた資料を検察庁に送検し、検察庁は身柄と資料を受け取れば24時間以内に起訴するか拘留するかの判断を行います。
 

単純な事件であり、他に犯罪を行っていなければ、逮捕された犯罪で起訴する場合もあるのですが、犯罪行為を認めていなければ、検察庁は裁判所に拘留請求を行い、10日から最大20日まで警察署で拘留を行い取り調べを行うことができます。
 

また、素直に反省しており、適正な保護者などがいる場合などは、逃走したり証拠を隠滅してしまうこともないので、身柄拘束を継続することは基本的人権に反するので釈放します。
 

その後、検察庁が起訴をして裁判になるのですが、犯人を釈放している場合は、裁判所に出頭するように命じることになります。

コメントは受け付けていません。