犯罪被害者保護制度とは

毎日のように何らかの事件が発生していますが、事件の被害者となった方は相当な精神的、身体的なダメージを受けることも少なくありません。

そして、刑事裁判の手続きにおいては犯罪被害者保護制度という制度も用意されています。

犯罪被害者保護制度がどのような制度なのかということとなりますが、この制度は犯罪の被害者となった本人、そして、その家族に配慮し、保護することを目的とした制度です。

 

 

具体的には証人の負担を軽くする措置や被害者等の意見陳述、検察審査会に対する審査の申し立て、裁判手続きの傍聴のための配慮などがあります。

裁判のときには被害者が法定で証言をしなくてはいけない場合もありますが、性犯罪に合った方や被害者が年少者である場合は不安を感じたり、精神的な被害がさらに悪化する場合もありますが、そういった場合に配慮してカウンセラーや保護者を付き添わせることもできます。
さらに被告人や傍聴人との間に衝立を置いたり、別室でテレビモニターを通して証人尋問を行う場合もあります。
こうした配慮が証人の負担を軽くする措置にあたります。

さらに社会的に関心の高い事件の場合は全員が傍聴できるわけではありませんが、裁判手続きの傍聴のための配慮では、被害者などから傍聴の申し出があった場合は傍聴できるよう配慮が行われます。

 

コメントは受け付けていません。