弁護士費用はいくらかかるのか

ビジネス女性10弁護士に相談するとかかる費用は弁護士事務所によって違います。費用はその弁護士事務所が自由に決める事ができるので高いところも安いところもあります。高いからといって必ずしも良いというわけではないので、相場を知って納得できる事務所に依頼する必要があります。
費用の内訳としては法律相談料、着手金、報酬金、手数料、実費があります。
法律相談料は法律相談をする時に支払うもので、時間制で料金が決まっている事が多く1時間で5000円~1万円程度かかります。
着手金は弁護士に依頼した時に支払うお金で、依頼した事が上手くいくかどうかにかかわらず必要です。案件によっても違いますが10万円~30万円程度になります。
報酬金は依頼した事が自分の思うように解決できた場合に支払うお金です。交通事故や離婚調停の場合には50万~70万、債務整理の場合には20万~40万程度、遺言執行の場合は40万円~100万円になります。
このほか手数料や交通費や宿泊費などの実費が必要になります。
着手金や報酬金などは事務所のホームページに明記してあるところが多いのですが、弁護士が裁判所に出向いたり拘留されている依頼者に会いに行くときは日当を支払う必要があります。相場としては1時間に1万円程度なのでこれもよく確認しておく事が大切です。

コメントは受け付けていません。